『冷たい水の中』歌詞 堀未央奈(乃木坂46)卒業

なぜだろう子どもの頃から
冷たい水の中に自分の手の平
そうゆっくりと沈めるのが好きだった
指先に脈打つ血潮を
耳を澄まして聞いていた
そしてこれ以上耐えられなくなって
凍える手を一気に引き上げる
生きてるという証
ただそっと感じたかった

いつのまにか大人になって
迷うことばかりで答えのない問いを抱え込んでいた
今の私の力で何ができるのでしょうか
分からないまま
ぬるま湯の中にいてはいけないと決心した日

感覚がなくなるくらいの
あの井戸水を覚えている
思い出はいつも清らかすぎて
水道水が生温い気がする
寒い真冬の朝の白い息が懐かしい
あの頃見ていた夢を諦めたくなくて
冷たい水に手を入れてみる
挫けそうな気持をもう一度奮い起こして歩きだしたい
新しい自分のために
さあ未来へ目を覚まそう

いつの間にか大人になって迷うことばかりで
答えのない問いを抱え込んでいた
今の私の力で何ができるのでしょうか
分からないままぬるま湯の中にいてはいけないと決心した日

もう一度冷たい水へ

堀未央奈 『冷たい水の中』

間違ってたら教えてくれ・・・

彼女らしいといっていいのか・・・これからも応援し続けたいな。

これからの彼女に多くの幸が訪れますように・・。

コメント

タイトルとURLをコピーしました