【完全解説】投資初心者にもお勧めできる投資・ソーシャルレンディングとは

ソーシャルレンディング

こんにちは。yuuです。

今回は以前に簡単にご説明したソーシャルレンディングについて完全解説します。

以前に似たような記事を書きましたが、そちらは私の実際の投資を踏まえた感じの文章になっています。

もしかしたらそちらの方が分かりやすいという方もいるかもしれませんので、一度ご覧になってください!
【3カ月目】ソーシャルレンディングをやってみて感じたこと/実際の収益性

今回はソーシャルレンディングの説明の完全版ということで、ソーシャルレンディングのの特徴や利用方法、投資初心者にお勧めできる理由を書いていきます。

この記事がおすすめの方

  • ソーシャルレンディングについて知りたい方
  • 新たな投資を探している方
  • 投資初心者・未経験の方

ソーシャルレンディングとは

ソーシャルレンディングとはクラウドファンディングの1つです。

クラウドファンディングは、「crowdfunding」英語でこう書きます。

crowdは群衆・fundingは資金調達という意味でこの2つを組み合わせて作られた言葉です。

簡単に説明すると、企業や団体が資金調達を群衆(投資家)から行うことがクラウドファンディングです。

この資金調達、投資家目線では資金提供をインターネット上で完結させることができます。

クラウドファンディングには3種類あります。

  1. 購入型クラウドファンディング
  2. 寄付型クラウドファンディング
  3. 金融型クラウドファンディング

1の購入型クラウドファンディングは出資することで、お金ではない特典を得ることができます。特典とは市場に出回っていない商品や出資した人だけが受けられるサービスなどです。

2の寄付型クラウドファンディングは一般的な募金に近いものです。ですので、出資者には基本的にリターンがなく単純に支援・応援したいプロジェクトに寄付するものです。

募金と違う点は出資先や出資金と使い道、プロジェクト内容やその報告がインターネット上で確認できることです。

3の金融型クラウドファンディングはさらに細かく分類できるとされていますが、その中の1つ「融資(貸付)型クラウドファンディング」が今回紹介するソーシャルレンディングとなります。

融資型クラウドファンディング・ソーシャルレンディングは資金を提供して、決まっているある利率を受け取ることができるものです。

3つのクラウドファンディングを簡単にご説明しましたが、お分かりいただけたでしょうか?

3だけが資産運用の側面がありますね。

ソーシャルレンディングについて何となくイメージをつかめていただけましたでしょうか?

続いて、そのソーシャルレンディングの特徴をご紹介します。

ソーシャルレンディングの特徴

ここではソーシャルレンディングの特徴・いい点・悪い点などをご説明します。

ソーシャルレンディングならではの特徴があります。

また、もちろんリスクもありますので必ず確認してください。

いいところ

さて、ソーシャルレンディングの特徴・良い点をご説明します。

ソーシャルレンディングの最大の特徴小額で始められることです。

実際、1,000円で始められるものもありますが、基本は1万円からと考えてください。

1万円で投資ができるって、すごいですね。

なんで小額の投資で成り立つのかというと、多くの投資家から募集しているからです。

これにより少ない金額で投資をすることができるようになりました。

他の資産運用ではあまり当てはまらない、小額投資が可能な投資商品です。

その他にももちろんいい所はあります。

ソーシャルレンディングは資金を出資したらあとは、分配金を待つだけです。

ですので、手間がかからない投資の1つです。

手間をかけずに投資ができるということは、投資の時間をがっつり取れない方や、初心者の方にとってもいいことですよね。

そしてもう1つの良い点は、分配金が定期的に受け取れることです。

ソーシャルレンディングは基本的に、毎月分配金が受け取れます。

毎月受け取れることは、分配金を再投資することで得られる複利がより効果的になります。

ソーシャルレンディングの良い所まとめ

  1. 小額で投資ができる
  2. 手間がかからない
  3. 毎月分配金が貰える
ビジネス, 計画, 木, 成長, コンセプト, 経済, オフィス

リスク・デメリット

ソーシャルレンディングはお金を使った投資・資産運用であるため、もちろんリスクがあります。

また、ソーシャルレンディングならではのデメリットもあります。

ここではそれらのマイナス的なものをご紹介します。

ソーシャルレンディングで最も重要なリスクは元本保証でないことです。

ソーシャルレンディングは資金を提供して金利をもらう仕組みです。

最終的に元本は返す意向ですが、貸付先の企業の経営状況によって元本が返ってこない可能性があります。

この点を留意して投資をする必要があります。

元本が戻ってこない理由はほかにもあり、海外案件に投資する場合は為替が影響して出資した金額と同額でない変換がされる可能性があります。

また、ソーシャルレンディングは貸付金に応じた分配・償還がされるというよりも、応募総額に対し個人がいくら出資したかの割合で分配・償還がされます。

ですので、特に償還の際に数円単位で出資金に誤差が生まれることがあります。

また、ソーシャルレンディング会社自身の倒産もリスクの1つです。

証券会社のように投資家の金融資産を保管して、倒産時には投資家に帰ってくるという仕組みはないです。

ですので、資金が戻ってこない可能性もあるということです。

毎月分配金が貰えるけど、最終的に元本が戻ってこないと投資の意味がありませんもんね。

為替や誤差による差はあまり大きなものにはなりにくいですが、貸付先の財務状況により一部・全額が償還されないとなると損失が生じてしまうので、注意が必要です。

またリスクというよりもソーシャルレンディングのデメリットとして、流動性が低い早期返還や返還遅滞があります。

ソーシャルレンディングは投資したら、自分の好きなタイミングで現金化することは基本出来ません。

お金を貸しているような状況ですからね。

また、運用期間が定められていますが、場合によっては早めに出資金の一部や全額が返ってくることがあります。

逆に、貸し倒れとまではいかないけどお金を返すの待って、ということもあります。

ソーシャルレンディングのリスク・デメリットまとめ

  1. 元本が保証されていない
  2. ソーシャルレンディング会社の倒産リスク
  3. 流動性が低い
  4. 早期返還・返還遅滞がある

どうやって利用できる?

ソーシャルレンディングは企業にお金を貸すことをある会社が代わりに行ってくれるものです。

まずはその会社に投資家登録をする必要があります。

投資家登録は個人の情報の提供や口座開設手続きがあります。

私自身が利用している会社は、クラウドバンクSBIソーシャルレンディングという会社です。

この2つの会社以外にもソーシャルレンディングを行うことができる会社はたくさんあります。

大概の会社は口座開設(無料)⇒取引開始と、手軽に投資ができます。

ソーシャルレンディングができる会社

ソーシャルレンディングを行うにはまず、サービスを行っている会社を探さなければなりません。

会社にはそれぞれ特徴があり、どの会社を選ぶかを決定するポイントにもなります。

私が利用しているクラウドバンクとSBIソーシャルレンディングの特徴は以下の記事で書いていますので、やっていく中で感じたことが気になる方はご覧ください!
【大手2社比較】ソーシャルレンディング会社の比較・取引の流れ

私がソーシャルレンディング会社を選ぶときは、会社の信用性などもちろんですが、機能面として取引手数料(入金手数料など)がかからない利回りとリスクのバランスを基準に選んでいます。

この2社以外にも私が投資を始める前に調べた会社を簡単にご紹介します。

海外案件に重きを置いていて、手数料が安い「クラウドクレジット」、物流不動産案件で低リスクの「CRE Funding」、案件豊富で信頼性のある「SAMURAI」、上場企業で低リスクの「Funds」て感じです。

クラウドクレジットは海外に特化しており、ラテンアメリカ、欧州、アフリカなど様々な地域に投資可能です。分散投資する際にはご検討ください!

もちろん無料で口座開設ができますし、クラウドクレジットならではの利点が受け取れます!!

不動産系のソーシャルレンディングはA Fundinですね。

1万円から始められる不動産投資クラウドファンディングです。投資家から集めたお金で、不動産のプロが、厳選した物件を取得、管理運用して、家賃収益や売却益を分配します。

その他にもたくさん会社はありますので、自分に合った会社を選んでください!

上記の会社の考察は私が調べている中で感じたことですので、実際の投資の中で違った感想や実績になることは十分あり得ますので、ご注意ください!

取引の流れ

ソーシャルレンディングのイメージは大体つかんでいただけたと思うので、(つかめていない方は私のブログのカテゴリー「ソーシャルレンディング」を読みまくってください!)

私が使っている会社を元に取引の流れをつかんでもらいたいと思います。

先ほどもご紹介しましたが、細かな取引の流れは以下の記事から見た方が分かりやすいです。

今回はざっくりとしたイメージでご紹介します。
【大手2社比較】ソーシャルレンディング会社の比較・取引の流れ

ソーシャルレンディングに口座を開設したら、実際取引を開始します。

流れは以下のようです。

こんな感じです。どうですか?簡単に感じますか?そうでもないですか?

あいだに作業はあるものの、流れはこのように進みます。

細かな作業に関しては先ほど挙げた記事からご覧ください!

なぜ初心者にお勧めできるか

ブログタイトルにもなっていますが、私はソーシャルレンディングという投資は投資初心者でもお勧めできると思っています。

これに関しては一般的には「間違っている!」というかもしれませんが、おすすめできるかは人によって違うこともあると思います。

今までは確定事実(間違わないよう努めてますが、間違いはあるかもしれませんが)をご紹介していますが、ここからは確実で確定した事実がない話です・・・。

ご了承ください。

さて、初心者の方にソーシャルレンディングがおすすめできる、もちろんその他の方にも十分おすすめできますが、その理由を書きます。

まず、決定的な理由として、私がまず始めたのがソーシャルレンディングだったということです。

私自身特別に詳しかったわけでもなければ、専門的な知識を持っているわけではありません。

周囲に投資をしている人もいなければ、ソーシャルレンディングなんてやってる人はいませんでした。

ただ、私は独学(自分でいろいろ調べました)で勉強し、今まだ短いですが投資を続けています。

いかがですか?今はまだ投資に関して無知な方でもできそうな感じ、しませんか?

「それはただお前ができただけだろ!!!」

なんて思った方もいるかもしれません。(そうでなくてもまだ理由はあります。)

ソーシャルレンディングはここまで説明してきた通り様々な特徴がありますね。

小額で始められる定期的にリターンが貰える(分配金です)・手間がかからない・場合によって手数料がかからない(投資金以外に出費がない)・・・。

これらの特徴って投資初心者、もっと言えば未経験の方にとってはめちゃくちゃありがたいことだと思いませんか!?(私だけかな・・。)

私がソーシャルレンディングをお勧めできる理由はこういうことです。

ただ、投資ですのでもちろんリスクのことは考えなければなりません

許容できるくらいのリスクか?リスクをとっても得たいメリット・リターンはあるか?これらを天秤にかけて私はソーシャルレンディングをすることに決めました。

難民, 経済的移民, 財政均等化, ヘルプ, 証券取引所, お支払い, グラフ

最後に

今回はソーシャルレンディングの完全解説と銘打って、お話をしてきました。

いかがでしたか。

私はソーシャルレンディングってあまり知られていないんじゃないかなって思っていますがどうなんでしょう?

市場規模で見てもまだまだ小さい投資ですが、多くの方に知ってもらえると嬉しいです!

~余談~

最後の方、というか私の文章の書き方は私の経験に共感を求める感じですよね。

投資に関する事実はなるべく正確に伝えたいと思って執筆していますが、特に人によって感じ方が違うもの(この記事で言う「なぜ初心者にお勧めできるか」のとこ)はそんな傾向がありますね。

良いのか、悪いのか・・・難しい所ですが・・・。

まあ今は私の書きやすいように書いちゃってます・・!

コメント

タイトルとURLをコピーしました