【確定申告に関わる事】投資で1月にもらえるお金は前年分?今年分?

ソーシャルレンディング

こんにちは。yuuです。

確定申告シーズンが近づいてきました。

何年もやられている方は問題ないかと思いますが、あまりやったことない方や投資を始めたばかりの方にとって、確定申告は大きな関門になるかもしれません。

ぶっちゃけ面倒臭いですよね。

そんな中で確定申告は基本的に1月~12月の金額が適応されますが、投資の金額についてはちょっと違った感じがあるものもあります。

ということで、今回は1月にもらえるお金がどっちの確定申告に適応されるか、私が行っている投資の種類ごとに検討していきます!

【この記事がおすすめの方】

  • 投資をしている方
  • 確定申告をされる方

一般的な給与所得

給与所得は基本的に会社で年末調整がされると思いますが、そうでない方や副業で利益が出た方など確定申告が必要となる方もいるかと思います。

給与所得はシンプルに1月から12月に貰える給料が確定申告するものです。

例えば1月に貰える給料は前年の12月に頑張ったものに対するものですが、1月に貰うため前年ではなく今年の確定申告へと行くことになります。

分かりやすいですね。これを基準に考えると投資ではちょっと違う感じになることがあるので、ご説明していきますね。

株式投資の譲渡損益

譲渡損益はNISAや特定口座の源泉徴収ありで確定申告が人ようない方もいるかもしれませんが、譲渡損益は投資を始めたばかりの方にとっては意外な感じですので、書いておきます。

まず株は譲渡日をベースに考えられます。

譲渡日とはその名の通り、株の売買で移動する株式を受け取る・渡す日です。

株の購入や売却の指示を出した日(約定した日)が譲渡日にはなりません。

基本的に譲渡日は約定した日から2営業日後です。

1月12日(火)に株の売買で株式が移動する日は2営業日後の1月14日(木)となります。

それに伴って、株の売買で利益が出たときは約定日にお金はもらえず、預かり金として証券内にお金があるのではないでしょうか。

ということで確定申告の話に戻り、確定申告の対象は譲渡日ペースで1月から12月ということになります。

ですので、約定日が12月であっても譲渡日が翌年の1月の場合その時生じた譲渡損益は翌年分となります。

株の譲渡損益は譲渡日ペースで1月~12月分

株式投資の貸株

はい。続いて貸株です。

当ブログでは貸株が頻出していますが、個人的にあまり知られていないと思うので、そういう方は以下の記事を見てください。
【どのような仕組みで?】株式投資でお金を得る仕組み・貸株って?

多分ご理解いただけます。

貸株は例えば11月に計上されていき、翌月の12月中にその分が振り込まれるというものです。

しかし、給料とは違ってもらった月ということは考慮せず、計上された日という視点で考えます。

私の場合現在は、1日大体200円くらい計上されています。これは、本当はその日に貰っているけど毎日振り込んでいては証券会社がパンクしますので翌月に支払っています。

給料と似ていますね。

ただ確定申告の際は給料とは違って計上日ペースで考えますので、1月に貰える12月分の計上分貸株は前年分の確定申告となります。

ですので振り込みの月で考えると2月から翌年の1月分となります。

株の貸株は計上日ペースで1月~12月(振込で考えると2月~1月)

ソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングも貸株に似ています。

その前にソーシャルレンディングについてあまりわからない方は以下の記事をご覧ください!
【完全解説】投資初心者にもお勧めできる投資・ソーシャルレンディングとは

ソーシャルレンディングは大体振り込まれる金額は振込の先月分に確定したものです。

例えば11月に貰った分配金は10月に確定したものということになります。

これも給料と似ていますね。

しかし、ソーシャルレンディングも給料とは違って確定日(貰った月の前の月)ベースで考えます。

ですので確定申告の対象となるものは2月に貰える分配金~翌年の1月に貰える分配金ということになります。

ということで、1月に貰える分配金は前年分の確定申告の対象となります。

ソーシャルレンディングは確定日(分配金が貰えた付きの前月)ペースで1月~12月(振込で考えると2月~1月)

最後に

給料で考えると、投資はちょっと違う考え方になりますね。

12月と1月に貰えるお金はややこしい感じになるかもしれませんが、証券会社や利用している会社のホームページなどで確定申告に利用できる書類を見れば簡単に確定申告はできます。

ただ、あれ?ってなることもあるかもしれませんので、今回の記事のことは理解しておくと勘違いがなくなるかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました