【これ知ってた?】個別株取り引きの豆知識/取得費について

株式投資

こんにちは。yuuです。

以前私は、個別株の売買で自分で譲渡損益を計算したときと、証券口座が計算した譲渡損益が違う!少なくなってるって時がありました。

何言ってるか分かりますか?(笑)

つまり、私で計算した利益は1万円(仮)だったのに証券会社の記載では9千500円だったってことがありました。

なんだこれはって思っていたら取得費にその謎がありました。

株の取得費の計算方法って知っていますか?

更に譲渡損益には「税法上の損益」と「実際の損益」があることをご存じですか?

私は最近これを知ったので皆様にも広めたいと思います。

取得費に関しては個別株だけでなく、投資信託など投資の世界では色々出てきますのでぜひ見てください。

【この記事がおすすめの方】

  • 個別株を売買されている方
  • 取得費の計算について知りたい方
  • 私の利益の誤差について知りたい方

結論・なぜ私と証券会社の計算に誤差が出たのか

いきなり結論に行きたいと思います。

私の計算した利益と証券会社が計算した利益に誤差が出て、利益が少なくなった理由は「税法上の損益」と「実際の損益」というものがあるからです。

私が計算していたものは実際の利益、主権会社が計算していたものは税法上の利益だったのです。

これだけ聞いて「ん?どゆこと??」っていう方や「そんなの当たり前じゃないか!!」って方もいるかもしれません。

知っている方は尊敬します!(笑)

私は最近知ったことなので、これの認知度がどれくらいかが気になります!知っている方も知らなかった方も、ぜひコメントでどっちかを教えてください!!

さて、今回の謎の解明には取得費の考え方・計算方法を知らなければなりません。

まずは取得費の計算方法について触れていきましょう。

取得費の計算方法

取得費は株を取得するにかかった費用を言います。

基本的に1株当たりの取得費として計算されます。

例えば株価が1,000円のA株を100株買った場合は、10万円かかりますよね。これが取得費です。

これで株価が1,500円になったタイミングで売却すれば売却値段が15万円となり、5万円の譲渡益・利益が出たことになります。

このように取得費は譲渡損益を考えるためには必要なものです。

更に取得費は手数料も含まれます。

以下手数料は私が使っている楽天証券の手数料を参考にします。
参考:楽天証券手数料 | 楽天証券 (rakuten-sec.co.jp)

上記の例の場合手数料が99円かかることがあります。

となると10万円の株を買うために他に99円の出費が必要となったということになります。

ですので購入金額と手数料を考慮した金額が取得費となります。

1株当たりの取得費の計算は、買い付け金額÷購入株数で計算できます。

今回の場合は10万99円の買い付け金額となります。これを購入株数100で割ると1株当たり1000.99円となりますね。

ですので今回の取得費は1株1000.99円として計算されます。

これが取得費の計算でした。

この先重要になってくることは、取得費に小数点以下が含まれているときです。

私の場合基本的に手数料がかからないように売買して今すので、取得費が小数点以下になるときは買い増ししたときです。

実際の損益・税法上の損益、小数点以下の取得費の違い

続きまして、これを先ほどのように株価1,500になったタイミングで売ると15万円の利益が出ます。

この時の手数料は115円かかることがあるので、売却代金合計は149,885円となります。

ですので買い付け金額の100,099、売却代金合計の149,885で考えると49,786円が実際に受けるれる利益となります。

これがいわゆる「実際の損益」です。

次に「税法上の損益」を考えます。

これは1株当たりの取得費の小数点以下を切り上げて計算するものです。

例えば上の例でいうと取得費は1株当たり1000.99円でしたね。これを税法上は1,001円にしちゃうということです。

つまり、買い付け金額も100,100円となる、ことになります。実際は100,099円でしたね。

それに伴って譲渡損益は49,785円となり1円少なくなるのです。

これが「税法上の損益」です。

今回小数点以下がほぼ1でしたがこれが.1でも切り上げられるので場合によっては、実際には利益が出ているのに税法上では損益になっているなんてこともあります。

私のこれまでとこれから

私は今まで株の譲渡損益に関する記事を出してきました。

特に一か月の実際の利益も公開して、これから投資を始めたいという方にどれくらいの利益を出すことができるかを紹介してきました。

こんな記事ですね。
【1月の収益】投資初心者の1カ月/株・ソーシャルレンディング
【12月の収益】投資初心者の1カ月/株・ソーシャルレンディング

一回見てほしいです!

ここに書かれている譲渡損益の利益は、税法上の損益でまとめてきました。

私の場合は持ち株を買い増す事で取得費が小数点以下になることが良くありましたが、今回の話題の仕組みを最近知ったので、今までまとめてきたよりも実際は多く貰っていることになっていたようです。

いくら、実際の損益か把握していなかったのが残念だったなーって思っています。

そしてこれからは実際の損益にするか税法上の損益にするか、記事のまとめ方に迷っていますが分かりやすいように税制上の損益でまとめていきたいと思います。

最後に

今回はちょっと複雑な感じでしたけど簡単にまとめると取得費が小数点以下の場合、税制上は繰り上げて、実際はそのままもらえるってことです。

やっていくうちに知ったことなのでこれを自分で調べようとすると、そもそも調べることができないくらいの情報だと思っています。

投資をする前にすべての知識をつけたいところですが、実際にやっていく中で疑問に思うことなんてたくさんありますよね。

私の気づきで少しでも謎が解決できたり、「こんな仕組みがあったんだ~」って思ってもらえたら嬉しいです。


私のブログでは私が実際に行っている資産運用や投資の知識・収益記録について多く発信しています。

投資に関しては株式投資やソーシャルレンディングが基本的に多いです。

他にも生活が豊かになるお金の知識や情報についても発信しています。

お得に生活をする方法や投資について知りたい方や実際どうなんだろ~って方は是非他の記事も見てください!

yuuの雑記」として、私の趣味や好きなこともたま~に書いています。(私の自己満です・・)

どこか共感してくれる人がいたら嬉しいです!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 8352-1024x1024.jpg

インスタグラムとツイッターとYouTubeもやってます!記事の最後からフォローできます!

今日からできることはたくさんあります。

生活を豊かにするために、できることを少しづつでもやっていきましょう!

最後までご覧いただきありがとうございました!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました